飛散防止にガラスフィルムは有効!〜米崎りんごづくしの試食交流会を開催しました

JUGEMテーマ:大震災後の復興支援

先週11月10日、二子玉川にて陸前高田試食交流会を開催しました。

 

今回は、講師として、窓ガラスフィルムSun 代表 石原英己子 様 をお迎えし、防災減災に効果的な窓ガラスフィルムについて学びました。

その後、陸前高田の現状を写真を交えながらお伝えし、名産の米崎りんご他を試食する、いつもの試食交流会のパートも行いました。

 

窓ガラスフィルムは、ガラスが割れる事自体は防げなくても、貼ってあることでガラスの飛散を防げるので、避難時の怪我防止や、避難グッズ等を安全に保つこと(避難用に靴を用意していても、ガラスが飛散すると使えなくなる、等)にも役立つとのことです。

実際に、ガラスが割れているが散らばっていない、フィルムを貼ったガラスのサンプルをみせて頂きました。

 

そして、飛散防止には防犯の効果もあることを教えていただきました。ガラス戸の鍵の周りにフィルムを貼ることで、不審者の侵入への抑止力になるとのこと。

鍵周りのフィルムを貼るデモをみせていただきました。石原さんはさすがプロ、手慣れた様子で10分位で貼ってしまいました。

手順はとても簡単で、直ぐにできそうでした。参加者が家に帰って貼れるようにと、フィルムのお土産も頂きました。

 

参加者のみなさまからは、「窓全体だとどれくらいの費用がかかるのか」「食器戸棚のカーブしたガラスにも貼れるのか」「車の窓ガラスのスモークフィルムはどうか」などと、質問が相次ぎました。

終了後のアンケートでも、

・ガラスフィルムは思ったより簡単に貼れることがわかったので、家でも貼ってみたい

という声を多数いただきました。

 

 

次に私から、震災から今に至る陸前高田の様子の移り変わりをお伝えしました。

ここでは、リピーターのお客様が自発的に、初参加のお客様に向け、ご自身の言葉で説明してくださいましたので、私はそれをフォローするだけでした。初めての展開に驚きましたが、この活動がこうやって広まっていくのだと、将来像を一つみせていただいた気がして、とてもうれしく思いました。

 

最後の試食では、今が旬の米崎りんごを試食しました。

今回の品種はジョナゴールドです。甘みと酸味の両方がバランスよく感じられ、とても濃い味わいでした。

米崎りんごジュースは、今シーズン初めて入荷した、無添加(酸化防止剤不使用)のジュースを試飲しました。台風で落下したりんごが多かったため多品種のミックスで絞ったという今回のジュースは、まろやかな甘みが感じられました。

 

また、フルーツスプレッドは、真っ赤なジェネバのスプレッド「ルビーの雫」と、定番のふじの2種を食べ比べるという、今回限りのとても贅沢な企画になりました。

 

試食交流会に参加されたみなさまからは、

「とても満足」「また参加したい」との声をいただきました。

 

初めて試みた、講師の方をお招きしての企画も好評いただきました。

今後、郷土料理のがんづき作りなど、参加者に楽しんでいただける企画を考えていきます。

 

 

―――

【起業ミニメッセ ワークショップのお知らせ】

 

テーマ:「陸前高田のおいしいもの試食会〜感想で生産者を応援しよう」

 

陸前高田の美味しいものを広める活動に参加して、一緒に陸前高田を応援しませんか?

米崎りんごジュース、フルーツスプレッド、感想りんご等を試食し、お薦めポイントや感想を書くことで生産者を応援する、楽しいワークショップです。大人も子供も、楽しく参加できます。

 

日時:1125日(土)13451415

場所:世田谷区男女共同参画センターらぷらす(三軒茶屋駅徒歩7分)

参加費:500円(試食代込み。各種試食できるので大変おトクです)

 

お申込み、お問い合わせは、陸前高田応援団までメッセージください。

 

起業ミニメッセ ホームページ

http://www.laplace-setagaya.net/event/messe/